働く環境

人事メッセージ

「自ら変化に挑戦できるか?」

「会社選び=就活」は、一生に一度。
だからこそ、このチャンスを思う存分に活かして欲しいと願っています。
「はたらく」ということは、人それぞれ。価値観も違えば、人生における優先順位も違います。
「就活」というスタートラインに一斉に横並びに立っているように見えても、
その本質のところで、大きな違いがあるものです。
自分が何をやりたいか。何をやってみたいのか。
そんな本当の気持ちを見つけないと、環境に大きく影響されたり、なんとなく流されたりと、
自分を見失ってしまうことにも繋がります。こんなハズじゃなかったのに・・・と。
でも、そもそも「就活」は苦しいだけのものではないし、その過程から得られることも沢山あります。
ただ、それらの経験をそう感じられる思考や心の余裕を持ち合わせているか?
「将来を見つめる」という視点をもっているのか?ということがポイントになったりするものです。

採用活動をしていて感じることは「目先のことにとらわれがち」な学生の方が多いということ。
無駄に焦らずに、もっと長い目で未来を見ることも時には必要です。
人生の中で「自分の将来に向き合う時期」の一つが、この「就活」という期間だと考えたら、
「就活」に対する意識も価値感もガラリと変わるはず。

自分の未来を、キャリアを、自分なりに企画できる期間であることを楽しみながら、
自分らしさをきちんと出し、無理に型にはまろうとしないという勇気も時に必要です。

好奇心をもって、チャレンジする気持ちで、決して取り繕うことなく、
自分がフィットすると感じられる会社を選んで欲しいし、
「会社選び」は、自分の意志で決断し、その結果に責任を持つ、
そんな生き方に挑戦して欲しいと願っています。

ページTOP